幼稚園の受験について

子供の将来を考えたとき、有名な企業に就職、花形の仕事ができるように幼稚園受験を検討されている方も多いのではないでしょうか。幼稚園受験には、メリットとデメリットがあります。メリットとしては、系列学校で大学までエスカレーターで行けること、系列学校の教育理念が一貫していること、小中高受験より、子供への負担が少なく、受験のチャンスが広がるなどが上げられます。デメリットは、受験に対して準備に時間やお金がかかること、まわり人から偏見の目で見られることが上げれます。幼稚園受験の為には、教室、教材などもあり、子供の運動、行動観察、巧緻性、指示行動、口頭試問などを学ぶことができます。子供だけではなく、両親も面接があります。御興味のある方は、教室、教材の種類、料金、口コミ情報、注意点などを調べてみてはいかがでしょうか。

幼稚園の受験はまず選択から

幼い子供を持つ親御さんにとっては幼稚園の受験で悩まれている方も多いはずです。その悩みの一つがどこに受験するかです。一言で幼稚園といっても数多くあり、それぞれ教育理念や教育方法が異なっており特色があります。自宅から近いほうが通いやすいメリットがありますが、近年では通園バスのあるところも増えてきています。そのため、余程離れていない限り、立地条件は大きな問題にならないと言われています。また系統学校が運営しているところもあり、そこでは小中学校・高等学校、さらには大学まで一貫しているところもあります。系統学校では理念が統一されているため、教育環境の変化が小さいため子供のストレスも少なく済むというメリットがあります。これらの情報を比べながら、子供にベストだと思う幼稚園を受験させることが大切となるわけです。

幼稚園の受験と英会話

幼稚園入園を考えている親にとって、どこに受験させるか迷っていることが多いです。特に夫婦の議論になるのが英会話です。英会話を積極的に取り入れているところが増えています。なぜならば、英語の微妙な発音は子供のうちにマスターさせておかなければ、オトナになってからは苦戦すると言われているからです。しかし、親の価値観によっては、外国語よりもまずは母国語(日本語)を身につけさせるべきと考える人は少なくありません。また英会話ができない人の子供が英会話をできても仕方がないと考える家庭もあります。そこで、あえて英会話に力を入れていない幼稚園を受験させる家庭も多いです。そのため、英会話を取り入れているかどうかは、選択するときの大きなポイントとなるケースが少なくありません。これを機会に夫婦でしっかりと話し合うことが大切です。

入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 受験で名門幼稚園合格を目指すなら伸芽会へ