Press "Enter" to skip to content

より魅力的なクラスTシャツにするために必要なことは

文化祭や運動会、学園祭など、学生時代はクラスみんなで取り組むイベントが盛りだくさんです。そんな学校イベントにぜひオススメしたいのが、団結力を高めてクラス全体を盛り上げるクラスTシャツです。クラスTシャツとは、クラスみんなで作ったロゴや共通のスローガン、クラス名などをデザインし、全員で同じデザインのオリジナルTシャツを着用するというものです。一体感も高まりますし、絆がより一層深まり、イベントもより素敵な思い出となるでしょう。年数が経ってからも見返すだけで鮮明な思い出の蘇る、思い出の一点となりそうです。用意できる予算は限られると思いますが、思い出に残る素敵なクラスTシャツを作りたいです。ここでは、気になるクラスTシャツ作成の相場と、より魅力的なクラスTシャツを作るためのオススメのデザインをお伝えします。

クラスTシャツを作成する際の相場と節約のコツ

クラスTシャツの価格は、Tシャツ本体代、プリント(版)代、デザイン料などによって構成されます。1枚あたり1500円から2000円程度が相場ですが、プリント代やデザイン料に注意が必要です。たとえばプリント代は、プリントする場所の数やサイズ、インクの色数、プリントの方法によっても変わります。自分たちでデザインすることでデザイン料を節約することが可能な場合もありますが、修正が必要になった時にデザイン料が発生することもあります。事前に確認しておきましょう。プリント代やデザイン料をすべて最初から含んだ定額での作成を行なっている業者もあるので、たくさんのカラーを使いたい場合や写真などをプリントしたい場合にはこういったところだと安心かもしれません。学割や早期割引もありますので各種の割引を活用しながら、より素敵なクラスTシャツを作りましょう。

より魅力的なクラスTシャツを作るために必要なこと

クラスTシャツのデザインはお決まりでしょうか。魅力的なクラスTシャツを作るのであれば、通し番号や各自の名前入りのデザインがおススメです。業者によっては、Tシャツの色を個人ごとに選べたり、好きな言葉を入れられたりする場合もあります。一通り同じデザインにするのではなく、個人ごとのオリジナリティを出すようなデザインが希望の場合は、業者選定の時点で、そういったデザインの発注が可能かどうかの確認をしておきましょう。また、企業ロゴやブランドロゴのパロディデザインもお洒落で人気がありますが、この場合は著作権侵害にならないかどうかの事前確認をしておくと安心です。歌詞や文章、を載せる場合なども同様です。著作権フリーとされているイラストや写真などの素材でも、加工は許可されていない場合もあります。ほとんどの場合は利用上の注意点として但し書きがありますので必ず確認しておきましょう。