今どきの幼稚園受験の現状とは

小学校受験というのは聞いたことがある方も多いですが、近年は小さい頃から幼児教育をさせる家庭も多いようで、幼稚園受験をさせる場合もあるようです。まだまだ志望者は少ないものの、子どもへの負担が少ないとか内部進学制度として、一貫教育が出来ることがメリットでしょう。一番の負担は金銭的なことで、やはり保育料も含めて幼児教室に通う費用などもかかってきます。それでも大切な我が子の将来の可能性を広げる為にと、早期に芸術やスポーツの才能を伸ばしていって欲しいいう考えで幼稚園受験をさせる親御さんもいます。その逆に、子ども自身に自立して自分で道を切り開いていってもらいたいと思うなら、エスカレーター式の幼稚園や小学校はデメリットとなってしまうかもしれません。この先、我が子にどうやって大人になってもらいたいか、よく考えた上で受験を検討することをオススメします。

最近の幼稚園受験について

最近では、幼稚園も入園するには受験が必要になって来ています。受験の内容としては、親子面接・子供の性格や態度などを見る試験の2種類を行う所が一般的です。まず、親子面接では子供も先生の質問に、はきはきと答えられなければいけません。名前や年齢・好きな食べ物など質問自体は簡単なものですが、緊張もあり、なかなか元気よく答える事は難しいです。次に、子供の性格や態度を見るには、何人かの子供でフリースペース内で子供だけで遊ばせます。そこでの、遊び方や他の子供との関わり方などを幼稚園側はチェックしています。付属の小学校がある園や、小学校受験に強い園などで応募者が多数の幼稚園だとまれに、二時面接などがある所もあります。最近の傾向としては、3年保育が一般的ですので、3才でこのような試験や面接を受ける事になります。

他人事ではない幼稚園の受験

受験という響きには、特別に高度な物のような響きがあります。幼稚園から受験なんて、うちは関係ない。と思われるかもしれませんが、意外と身近で、場合によっては必要不可欠になります。現在、公立の幼稚園はとても少なく、ほとんどが私立です。それぞれ特色があり、保護者が望む教育内容か、立地や建物はどうか、子供に合っているかなど、様々な見地から選ぶ事になります。ここで問題になるのが、良い所は人気があるという事です。募集人数より希望人数が多ければ、抽選もしくは受験という形が採られます。ですから、園を選びたいと考える場合は受験を頭に入れておかなければなりません。試験では親と離れて1人で先生と面接をします。ある程度の母子分離ができている事や、挨拶や歳相応の運動能力などが見られます。親子で過ごした時間の集大成を見せるつもりで頑張りましょう。