幼稚園児のお受験対策

幼稚園も年中さんともなれば、来年小学校受験を受けるか、受けないかの選択を迫られる時期でもあります。早い人では年少児から方向性を決め、日々お勉強をしている人もいらっしゃいますから、決して余裕ある選択ではなく、むしろギリギリのラインかも知れません。けれどやはりこの幼少の時期は、その子の生まれ月なども大きく影響に関わってきます。やはり早生まれの子より、春先に生まれた子の方が心身の発達も生まれた月日が早い分ちょっとだけ有利になってくるという考え方もあります。これは日本の教育制度が、4月からが始まりとなっている為、何事にもあらがえません。そんな事情なども考慮すれば、お受験の準備を始める時期は、その子の成長を見ながら一番ベストな時期にスタートを切る方が良いのかも知れません。ある程度出来る様になって始めた方が、本人のモチベーションも違うでしょう。

幼稚園の受験について

昔は受験というのは、高校や大学に入るために行うことが一般的で、その時に初めて経験するものの一つでした。しかし近年では時代の変化とともに、幼稚園でも受験をするようになりました。そんな小さな頃から行うべきことではないという考えの人も多いですが、都心部を中心とし、今では当たり前のことの一つとして考えている家庭はかなり多いです。小はころに経験させることにより、免疫がつくので大きくなってから初めて体験するよりもプレッシャーを感じにくいのもメリットの一つと考えられます。子供が嫌がるのに無理に経験させる必要はないかもしれませんが、良いところに入ることにより、高校や大学もスムーズに入学することにもつながります。大きくなってから苦労することを考えるのであれば、小さな時に受験をさせておくのも良いのではないでしょうか。

幼稚園受験は本当に必要なのか

人は生涯に何度受験をするのでしょう。一般的な人だと高校受験や大学受験だけですが、中には中学受験をする方もいます。高校受験をさせたくないから、中学から大学までエスカレート式の学校に通わせたいという親御さんも最近では増えてきていますので、決して珍しいことではありません。しかし、驚くことに幼稚園受験を考えている親御さんも今は少なくありません。大変教育熱心なイメージがありますし、塾や習い事などの送り迎えもあるので生半可な気持ちでは受験は考えられません。公立の幼稚園を受験させるとしても、マナーや勉強などと幅広く習得させる必要があるのでお金もかかります。そんな小さい頃から自由がなくて可哀想などと考えがちですが、受験は本人のためを思ってこそです。将来、苦労をさせないためにも幼少の頃から様々な競争をさせ勝利を勝ち取るという、我が子を思ってこそのスパルタ教育と言っても良いでしょう。