Press "Enter" to skip to content

自分たちでクラスTシャツを作成する際のコツや裏技を紹介

体育祭や文化祭と言った学校行事から、社会人によるクラブ活動、小店舗での制服代わりの仕事着まで、様々な用途で活用できるオリジナルのクラスTシャツです。それ自体が作品の一部であったり、結束の証であったり、形ある思い出の品であったりは人によって様々ですが、比較的その後でも使いやすいTシャツを使用しようと思い立ったとき、必要な情報を集める為には、新聞や広告から探せばいいのか、それとも口コミを集めればいいのか、インターネットで検索すればいいのか、知人に聞いて回ればいいのか、どういう形で情報を集めるでしょうか。情報を集めれば集める程、混乱する場合もあります。ここではインターネットで検索する方法を用いた、オリジナルのクラスTシャツを依頼する場合と、自作する場合とのコツと方法を紹介します。

クラスTシャツの作成を依頼する方法

インターネットで「クラスTシャツ」と検索すると様々なサイトが出てきますが、「Tシャツに」「一色でプリントが為された」という条件だと、大凡の相場としては一着600円ほどが目安です。プリントに使われる色数を増やしたり、Tシャツではなくパーカーやスポーツウェアにプリントを依頼したりすると金額は上下します。そして使われている生地やプリント方式、デザイン相談や修正、サイズや着心地等々、こだわりを突き詰める為には気にする部分も多いでしょう。その解決の為には、大抵のクラスTシャツ作成サイトでは「無料見積り」が可能なので、まずはその結果を見比べてみてはいかがでしょうか。どうしても画面越しでは納得できない、という時は、少量の依頼を出して、実際に送付されてきた商品を触り比べてみるのもいいでしょう。一緒に使う人との相談も実物があればスムーズに進むのではないでしょうか。

クラスTシャツの最安入手法は自作

それでもまだ高い、という場合や、欲しいデザインはそうじゃない、という場合は、やはりクラスTシャツを自作するのが一番です。無地のTシャツであれば一着300円程なので、まずはそれを購入。そこからアイロンプリントによる手印刷や、シルクスクリーンによる染色によってオリジナルのクラスTシャツを作製する方法です。写真を利用したい場合はアイロンプリントを、デザインを重視したいならシルクスクリーンを用いるのが良いでしょう。どちらも必要な道具や材料は100円ショップ等で揃えられますし、一度揃えればその後もずっと使えます。少量を何度も作成する予定がある場合はこちらの方がお得です。注意する点があるとすれば、それはやはり依頼をして頼んだ方が美しくかつ早く仕上がると言う事でしょう。出づくり感を残したデザイン依頼を行う事も可能ですので、期日や周囲の環境とご相談ください。